飲食店営業許可申請

  

飲食店営業許可申請は、親切・丁寧な

 

神野行政書士事務所


 飲食店営業許可とは、レストランなどの飲食店をはじめるには、保健所の許可が必要です。 

 

1 飲食店営業の基準

   〇 食品の保存のため、十分な大きさの冷蔵設備を備えること。

  〇 客室内の適当な個所に客用の流水式手洗い設備を備えること。 

 

2 施設の位置

 環境衛生上不適当な場所に設置しないこと。ただし、適切な対策が講じられる場合は、この限りでない。 

 

3 建物の構造

(1)作業場は、業種別の施設の基準に定めのあるものを除き、計画取扱数量に応じ衛生的取扱いを保つのに十分な広さを有し、かつ、居住区その他作業場必要でない部分とは完全に区画した専用ものとすること。

(2)作業場の床、壁、天井等は、平滑で清掃しやすい構造とすること。

(3)作業場の床は、耐水性材料又は厚板で築造し、清掃及び排水に支障のない構造とすること。

(4)作業場の壁は、床面より約1メートル以上の高さまで耐水性材料又は厚板張りとすること。

(5)作業場の天井は、ごみ、水滴などの落下を防ぐ構造とすること。

(6)作業場は、換気の良い構造とし、特に油、蒸気、ばい煙等を発散する場所には、有効な排気装置を備えること。

(7)作業場は、採光又は照明により十分な明るさを得ることができる構造又は設備を有すること。

(8)作業場の窓、出入口その他開放する箇所は、ねずみ、昆虫等の侵入を防止する設備を設けるとともに、出入口には、自動的に閉鎖する扉等を設けること。

 など。 

 

4 食品の取扱設備

(1)計画取扱数量に応じた食品の取扱器具及び取扱容器の洗浄設備、殺菌装置等を備え、共用することによって食品を汚染するおそれのあるときは、専用のものとする。

(2)食品の取扱いに必要な機械器具類のうち、固定するもの又は移動が困難なものは、清掃又は洗浄ができ、かつ、加熱その他の方法で殺菌できる構造のものとする。

(3)移動又は取り外しが可能な機械器具類、容器包装、食品、原材料及び添加物を衛生的に保管できる戸棚、格納箱などを備えること。

など

 

5 汚水及び汚物処理

(1)使用する水は、水道水又は水質検査により飲用に適すると認められた水とし、これらを十分に供給することができる給水設備を設けること。

(2)便所は、水源又は作業場に影響のない位置に従事者の数に応じた数を設置すること。

(3)便所には、ねずみ及び昆虫の侵入を防ぐ設備及び防臭設備並びに流水式手洗い設備を備えること。

(4)便所には、採光及び換気に適当な窓を設けるとともに、汲み取り口は、完全に閉鎖でき、作業場内を通過せずに汲み取り得る位置に設けること。

など。 

 

6 欠格事由

   申請者が欠格事由に該当しないこと。

  

7 必要書類

(1)営業許可申請書

(2)許可申請手数料

(3)食品衛生責任者の資格を証明するもの

(4)営業設備の構造を記載した書面

(5)営業所の案内図又は地図

(6)法人にあっては、登記事項証明書又は定款の写し

(7)水道水以外の水を使用する場合は、水質検査証明書