古物営業許可申請   

 

神野行政書士事務所

 


 これから新たに古物営業を営むためには公安委員会の許可が必要です。

 古物営業許可をとって副業したらいかがですか? 

 

●古物とは? 

  1. 一度使用された物品

  2. 使用されない物品で、使用のために取引されたもの

  3. これらの物品に幾分の手入れをしたもの

 をいいます。

 

 古物営業とは、古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業をいいます。

 

 古物営業法施行規則には、次の13品目に区別されています。 

① 美術品類 

② 衣類 

③ 時計・宝飾品 

④ 自動車 

⑤ 自動二輪車及び原動機付自転車 

⑥ 自転車類 

⑦ 写真機類 

⑧ 事務機器類 

⑨ 機械工具類 

⑩ 道具類

⑪ 皮革・ゴム製品類 

⑫ 書籍類 

⑬ 金券類 


●許可申請窓口は?

 

 営業所の所在地を管轄する警察署の「生活安全課」

 

●許可証交付までの期間は?

 

 概ね40日

 

●古物営業の許可を受けられない者 

 

・成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの 

・禁固以上の刑に処せられたり、一定の犯罪により罰金の刑に処せられて、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者  

・住居の定まらないもの 等  

 

●申請に必要な書類

 

・古物商許可申請書 

・経歴書 

・住民票の写し 

・誓約書 

・身分証明書 

・登記されていないことの証明書 

・賃貸契約書の写し 等